建設国保だからこその、4つの魅力

組合員本人、家族ともに 入院費を払い戻し

本人、家族ともに入院時に支払った保険診療分(3割自己負担)を払い戻します。
※差額ベッド、食事負担額等の自己負担額分は含まれません。
(17,500円までは神建連共済より、超えた分は国保組合より払い戻し)

本人の通院時の自己負担(3割)は一部払い戻し

1ヶ月、1診療科目ごとに、3,000円を超えた金額は払い戻します。

傷病金手当の制度 最高80日

本人が業務外で、病気やケガで休業した場合、傷病手当金が支給されます。
該当する等級の傷病手当金(日額)×休業日数(最高年度内80日分)

本人、家族も健康診断が無料で受けられる

通常、健康診断は保険適用外のため全額自己負担ですが、建設国保に加入していれば
本人、家族ともに年度内に一回無料で受けることができます。

他にも様々な補償が充実しています

出産育児一時金

本人及び家族(扶養者)が出産した場合、420,000円

葬祭費

本人8,0000円 家族(扶養者)40,000円

インフルエンザ予防接種 助成制度

年度内 1人1回 2,000円を上限に 実費支給(扶養の家族も〇)

貸付制度

出産、入院、高額医療費の貸付

その他

受領委任払い制度などもございますので、組合にご相談ください。

また、神県連国保ホームページにも詳細が載っております。

神県連国保(神奈川建設連合国民健康保険組合)ホームページ (外部サイト)
https://shinkenrenkokuho.or.jp/

保険料と給付内容

自分の該当する等級や、扶養人数によって 支払う保険料と給付内容は変わります。

神県連国保 保険料シミュレーション(外部サイト)
https://shinkenrenkokuho.or.jp/hoken_simulation/